公立学校の中で中高一貫教育が注目される

公立学校の中で中高一貫教育が注目される その中で、私立高校では中高一貫校が出始めます。本来は高校課程から行いますが、中学から募集をし、6年かけて中学課程、高校課程を学びます。間に高校受験がないことから、効率的に勉強を進めることができます。実際に、多くの学校で効果が出ているようです。あくまでも私立の話であって、受験のない公立中学ではありえない話でした。義務教育は小学校の6年間、中学校の3年間になります。高校は自由に選択することができ、一般的には3年間通うことになります。ただし、近年は高校に進学する人が多くなっています。義務ではないものの、高卒が就職をするにも、その先に進学をするにも必須条件になっています。義務ではなくても、入っていた方が良いと指導されることもあります。

その中で、私立高校では中高一貫校が出始めます。本来は高校課程から行いますが、中学から募集をし、6年かけて中学課程、高校課程を学びます。間に高校受験がないことから、効率的に勉強を進めることができます。実際に、多くの学校で効果が出ているようです。あくまでも私立の話であって、受験のない公立中学ではありえない話でした。

でも最近は、公立の中高一貫校が出始めています。この学校に行くには、中学進学時に一定の進路決定、学力考査を受ける必要があります。私立のような受験はないようですが、ただ行きたいだけで行けるわけではありません。

Copyright (C)2020公立学校の中で中高一貫教育が注目される.All rights reserved.